アヴェルサの並木

世界で唯一の栽培法

力強さ・勇気・忍耐の歴史

繊細な神々の酒は、高所栽培によって何千年も繰り返される肥沃な土地の賜物です。これは Alberata DOC となる、私たちのアヴェルサのアスプリニオ。このむき出しの大地で、紀元前6世紀 からエトルリア人が育てた類まれなぶどう。アスプリニオのぶどうの蔓が、支柱となる木にしっ かりと絡んで結合します。フレグレイ平野からカープア平野までの広大なエリアを緑の壁が覆 い、天地 15 メートルの間にぶどうの房がぶら下がります。土地に馴染んだワインは、エトルリア 人からクーマエやミセヌムのギリシャ人に残された遺産。彼らのぶどうの木を持ち込もうとする 古代ローマ人から逃れるため、カンパーニア地方の後背地にさかのぼりました。

驚きの光景、太陽から空への口づけ

写真ギャラリー集

Previous
Next

支柱となる木にしっかりと絡みつくぶどうの枝は、まるで有力な君主が通過するために準備され た凱旋門のようである。

Aubert de Linsolas
×
×

カート